クレステル(R)フィルターシリーズ
特殊無機繊維(シリカ繊維)を使用し、各種フィルター材にブレンドすることにより、優れた熱安定性、高い捕集効率を実現する<クレステル(R)フィルター>を開発しました。

<クレステル(R)フィルター>は各種フィルターへ加工が可能であり、幅広分野で使用が可能であり、高機能なフィルター性能を一段と高めるものです。
クレステル(R)フィルターの効果
高機能繊維と特殊繊維(シリカ繊維)をバランス良くブレンド使用する事により
  1. 高い捕集効率
    特殊繊維(シリカ繊維)の極細と静電効果により 高い捕集効率の実現

  2. 優れた熱安定性  
    特殊繊維(シリカ繊維)のブレンドによる低い熱収縮、
    低ホットストレッチ性の実現
各種高機能繊維比較
 

特殊無機繊維
(シリカ繊維)

PTFE繊維

ポリイミド繊維

PPS繊維

メタアラミド

太さ
12μ
2.5×5μ
12μ
14μ
耐熱性

350℃

250℃

240℃

180 ℃

220℃
耐酸性
◎〜○
耐アルカリ性
耐酸化剤
  耐熱・耐薬品性は優 耐熱・耐薬品性は優 耐熱性は優
加水分解有り
耐薬品性は優
耐熱性に劣る
耐熱性は優
耐薬品性は劣る
 
クレステル(R)フィルターの製品一覧
1:PTFE   クレステル(R)フィルター
2:ポリイミド    クレステル(R)フィルター
3:PPS    クレステル(R)フィルター
4:メタアラミド クレステル(R)フィルター
 
1:PTFEクレステル(R)フィルターの特徴
極細シリカ繊維を混ぜる事により
  • ろ過面表層部分に微細構造を形成出来る。→捕集効率の向上を実現

  • PTFEより比重が軽く、ろ布に厚みが出せる。
    →ろ布自身の耐摩耗性の向上を実現。

  • PTFE100%フェルトと性能的に遜色無し。

  • 粉体を表層で捕集し、且つ逆洗時に薄いろ過層を残す新方式。

  • バインダーの役目を果たし、PTFE繊維同士のスベリを防止。
    →パルス逆洗時等に発生する目開きを防止(吹き漏れ、目詰まり等)
PTFEクレステル(R)フィルターの耐酸・耐アルカリ試験
<PTFEクレステルフィルター(シリカ繊維)ブレンド品)とPTFE100%との耐酸性試験>
硫酸(H2SO4)浸積テスト後も、強度劣化についてはPTFE100%と同等の強度保持率。
 
クレステル
PTFE100%
クレステル
PTFE100%
タテ
タテ
ヨコ
ヨコ
新品時の強度
610N
510N
796N
902N
浸積後の強度
609.5N
523N
799.5N
935N
保持率
100%
103%
100%
104%
(試験方法) 5%硫酸(H2SO4)に常温 5時間放置後水洗い乾燥後の強度保持率の測定
<PTFEクレステルフィルター((シリカ繊維)ブレンド品)とPTFE100%との耐アルカリ試験>
水酸化ナトリウム(NaOH)浸積テスト後も、強度劣化についてはPTFE100%と同等の強度保持率。
 
クレステル
PTFE100%
クレステル
PTFE100%
タテ
タテ
ヨコ
ヨコ
新品時の強度
604N
506N
795.5N
943.5N
浸積後の強度
619N
522N
815.5N
970.5N
保持率
103%
103%
103%
103%
(試験方法)5%水酸化ナトリウム(NaOH)に常温 5時間放置後水洗い乾燥後の強度保持率の測定
 
2:ポリイミドクレステル(R)フィルターの特徴
極細シリカ繊維を混ぜる事により
  • 100%ポリイミドと比べ、加水分解に対し耐性があります。

  • 高温下での寸法安定性も100%ポリイミドよりも優れています。

  • 捕集効率も100%ポリイミドと比較しても遜色有りません。
加水分解試験

ポリイミド 100%品は、試験回数の増加とともに強度試験結果が低下しております。
特殊繊維(シリカ繊維)ブレンド品は、試験回数の増加に対し、強度がほとんど低下していない。
高温下での強度比較
試験結果
ポリイミド 100%品は、時間経過とともに強度が低下しております。
特殊繊維(シリカ繊維)ブレンド品は、時間経過に対し、強度がほとんど低下していない。

ポリイミドクレステル(R)フィルター捕集効率試験
捕集効率において、ポリイミド 100%と比較してもポリイミドクレステル(R)は遜色有りません。
 
ポリイミド クレステル
ポリイミド 100%
ダストリーク量(mg/m3)
0.29
0.325
捕集効率(%)
99.9942
99.9935
(測定条件)
粉体:JIS 10種(4.4μ)
温度:常温
試験時間:8時間
ろ過風速:3m/min
 
3:PPSクレステル(R)フィルターの特徴
極細シリカ繊維を混ぜる事により
  • 熱寸法安定性も100%PPSよりも優れています。

  • 捕集効率も100%PPSと比較しても遜色有りません。
PPSクレステル(R)フィルター乾熱収縮率・ホットストレッチ試験
熱寸法安定性において、PPSクレステル(R)の方が優れています。
 
PPS クレステル
PPS 100%
乾熱収縮率 %
タテ
0.55
0.65
ヨコ
0.21
0.31
ホットストレッチ %
0.65
0.85
(測定条件)
乾熱収縮率:190℃×2時間
ホットストレッチ:190℃×1時間
荷重:0.9kg
試料幅:5cm幅
PPSクレステル(R)フィルター捕集効率試験
捕集効率において、PPS100%と比較してもPPSクレステル(R)も遜色有りません。
 
PPS クレステル
PPS 100%
ダストリーク量(mg/m3)
0.311
0.324
捕集効率(%)
99.9938
99.9931
(測定条件)
粉体:JIS 10種(4.4μ)
温度:常温
試験時間:8時間
ろ過風速:3m/min
 
クレステル(R)フィルターについての
ご質問・資料請求はお気軽に問い合わせ下さい。

泉株式会社 機能資材事業部
大阪機能資材課  
Tel:06-6448-5388 Fax:06-6448-5385
東京機能資材課  
Tel:03-5719-7484 Fax:03-5719-7488
テファイヤー(R)・テファイヤーHG(R) | クレステル(R)フィルター | 高温用高性能フィルター(PPS・ポリイミド・PTFE他) | 
一般用フィルター | フィルター分析及び,集塵機関連メンテナンス事業 | カートリッジフィルター | 湿式フィルター